群青とセピア

夕泳と申します。作品のこういうところが美しい!ということを語ります。基本的にネタバレあり。コメントご自由にどうぞ(^^)d

結界 その①

 

 

母ヤショーダは神の子クリシュナが泥を食べたのではと疑い、食べていないと弁解する子どもの口を開けさせた。

すると母は子の口の中に悠久の宇宙を見た。

 

映画「 ライフオブパイ 」にも出てくる、インドの神クリシュナの話だ。

 

私はこれを"曼陀羅の構造"と合わせて語りたい。

 

 

曼陀羅

 

①対称性

②円形

③閉鎖系(結界、囲い)

 

で構成され、"現在"を表す。

曼陀羅はひとつの小宇宙である。

 

瞑想では、この曼陀羅を呑み込むイメージをして、自分自身が小宇宙であることを認識する。

ヤショーダが子の口のなかに見た宇宙とはこういうことなのではないだろうか。

 

曼陀羅を描くことは、

世界における自分の位置を確認する作業でもある。

 

そのひとつ、

③の"結界"について私はずっと考えていた。

 

結界はバリアだと思われがちが、その他に大事な意味がある。

 

 

結界とは、

"界を結ぶ"と書いて結界であり、

内と外を区別し、"境界を定義するもの"

つまり、あちらとこちらの接点を定義すること

でもある。

 

まあ、結界を張る大前提として

守るものがあることが条件なのだが……

守るもの≒好きなもの、大事なもの

で、結局

自分が大事でなければ結界は弱い。

 

例えば、

幼い頃に境界を越えて刺激されることが多かった人は自分の結界がぼろぼろで、自他との境界も曖昧である。

 

この間カウンセリングで、自分の軸がぶれやすいという話をしていたとき、

「歳を重ねれば、自分の層(バリア)が厚くなって、だんだん他人のいうことが気にならなくなる 」

というようなことを先生は話していた。

 

木の年輪のように、歳を重ねる毎に結界(自分の守備範囲)の領域が広くなり、

いつか自他との境界がその都度、柔軟にはかれるようになれるのだろうか……。

 

 

結界、といえばこのブログでお馴染みの(笑)

clamp作品にも多く出てくる"陰陽五行説"に関わってくる。

 

東京BABYRONの主人公は陰陽師だし、Xは主人公が"結界"を創造できれば自立したことになる、xxxHOLICではなにかにつけまずは結界を張ること……なのである。

 

clampが何故これほどまでに"結界"にこだわるのか、今回やっと分かった気がする。

 

人は自分で思っているよりずっと

境界線が曖昧だ。

そして目に見えない結界に縛られていて、守られている。

 

文明人であっても民族であっても、見えない結界…例えば歌とか箸置きとか家の造りとか…で半狂乱になることを防いでいるのである。

 

 

では、

長くなったので今日はこの記事を書きながら流していた曲を紹介して終わります。

 

 

 

Penguin's Detour / Music & Movie Hayashida / Vocal 宮下遊

 

またね。

 

psychocats.hatenablog.com