音楽初心者による雰囲気レビュー

サイコキャッツと申します。にわか音楽好き活動1年目。どうやら実験音楽を好む傾向あり。

アムローふりむかないでー

ちくわ!サイコキャッツよ。

機動戦士ガンダム全部観ましたよ。

 

 

終盤はほぼ超能力戦だったww

兄妹ものとしてひと悶着あって終了するのかな~と予測してたのですが、まさかのラァラ登場、ニュータイプの生き方、戦争の産物ほにゃららの話になってしまうとはw

 

まあ宇宙空間で派手にドンパチやってるシーン多めで面白かったけどさ。

最終回は、全部荒廃していく廃退的な感じは良かったよね!!

 

うーん最終回だけかな面白かったの。それも強いて言えばだよ。強いて言えば最終回良かったね。

 

すべてにおいて風呂敷を広げすぎ。

アムロに至ってはさあ

『守るものがないのに何故戦えるの?』

という問いに

『守るものがなければ戦っちゃいけないのか!?』

だからね。いやまあ結局ホワイトベースの皆のため(でもそこまで特別感なくない?)なんだろうけどさ、なんかそこら辺弱いなあ~って思ったんだよねー。

 

人間ドラマがペラペラすぎだよね。

はあ。

 

 そんで続きのガンダムZを観てみたんだけど、

絵とか動画があまりに別物になりすぎていて戸惑い、観る気力を失いましたww

 

初代で満足かな。

 

 

人間ドラマが完璧なおすすめの漫画はね、

Clampのエックスです。

 

X (第1巻) (あすかコミックス)

 

これを越えるものはねーなって思うわ。

ガンダムの例を出して悪いんだけどさ、キャラを殺す場合、ガンダムだとその特定のキャラクターを突然細かく描写しようとするけど、尺が足りないことと違和感のために、結局薄っぺらいキャラクター像しか描けないんですね。

 

でもねーclamp先生方は上手いんだよなあ。

キャラクターがバッサバッサ死んでいくんですけどね、命の扱いが段違いに重いんですよ。それはキャラ同士の繋がりとか、キャラの掘り下げとかの積み重ねの賜物なんです。

 

ほんとおすすめです。

では。